防音室はテクニカル・サウンドへ

テクニカル・サウンド
ヤマハ アビテックスシリーズ(設置工事)
アビテックス防音ドア

 

ヤマハ アビテックスシリーズの販売・設置工事はテクニカル・サウンドにお任せ下さい。

弊社はヤマハアビテックス認定施工店です。豊富な実績とノウハウでお客様の音楽ライフをサポート致します。

ヤマハ アビテックス セフィーネNS

セフィーネNSの特徴 (ヤマハサイトより抜粋)

セフィーネNSは防音室として音を遮ることはもちろん、何よりもナチュラルサウンド(=楽器本来の音が響く部屋)を追求しました。

一般的に、防音室は厚く重い材料を使い、また、気密性を上げることで遮音性能を高めます。一方で、壁厚に制約のあるユニット型防音室では、遮音性能を高めれば高めるほど、部屋の中の響きは大きくなり、楽器演奏に適さない空間になるという難しい問題が生まれます。この難しい問題に対して、あらゆる楽器のユーザーに理想的な部屋の響きを提供するために、ヤマハの技術とノウハウを結集。

 

楽器演奏者は、楽器そのものの音に加えて、部屋からの反射音を聞いています。
部屋からの反射音は、部屋のかたち、素材などの影響をうけ、しばしば楽器本来の音を大きく歪ませてしまいます。

そこでセフィーネNSではナチュラルサウンドを実現するために、部屋からの反射音による音響障害を取り除いて、狭い(小)空間でも音を豊かに響かせること楽器やユーザーにより好みの異なる響きの量を調整できることの2つの課題を、独自開発の音場壁パネルをはじめとした様々な技術やノウハウを投入して解決。

標準仕様の音場壁パネルに内蔵した6枚の吸音材を着脱することで、自分で響きの調整をすることが可能です。また、オプションの音場天井パネルを追加することで、部屋の響きを抑えた更にデッドな空間への調整も実現できます。

イメージ通りの響きで、思いのままの楽器演奏をお楽しみください。

 

 

ヤマハ アビテックス フリー (自由設計・AFEシリーズ)

自由設計・AFEシリーズの特徴 (ヤマハサイトより抜粋)

防音室の用途には、ピアノのレッスン室やAVルームなどさまざまなものがあるため、個人によって必要とする防音環境は異なります。

アビテックスでは、防音レベルと音場レベルにおいて、それぞれ3つのレベルを設定。ご希望の「防音レベル」と「音場レベル」を組み合わせることで、ニーズに最適な防音環境をつくります。

 

 

 

ヤマハ アビテックス 不燃ユニット (ASAシリーズ)

不燃ユニット(ASAシリーズ)の特徴 (ヤマハサイトより抜粋)

録音ブース、Webコンテンツ製作室、研究室、検査室などの業務用途を想定し、不燃性と遮音性を両立させた屋内設置型の防音室です。病院、ホテル、デパートなどの特殊建築物や、大規模建築物、地下街、高層建築物など、建築基準法で内装材に「不燃材料」の認定が求められる場合に対応することができます。

 

遮音壁・遮音天井パネルに独自の構造を採用することで、高い遮音性能を実現しながら国土交通省の不燃認定を獲得した、業界初の不燃対応ユニット型防音室です。

 

室内外のやりとりがしやすい大型Fix窓が追加できる基本性能重視タイプと、高遮音性能を必要とする用途に適した高性能タイプからお選びいただけます。

 

 

 

アビテックスシリーズは、防音室のみの販売はしておりません。
弊社設置工事となります。詳しくは下記にお問い合せ下さい。

ペット用防音室に関するお問合せ先

 

アビテックス防音ドアシリーズ
アビテックス防音ドア

 

テクニカル・サウンドでは、大手老舗メーカー「ヤマハ株式会社」のアビテックス防音ドアシリーズの取り扱いが可能です。

弊社の防音室工事では、ヤマハ製防音ドアの使用が可能となりますので、お客様のチョイスの幅が広がります。(材工工事となりますので、防音ドア単体での販売は行っておりません。ご了承ください)

 

スチール防音ドア

スチール防音ドア(室内用)の特徴 (ヤマハサイトより抜粋)

下枠の戸当たり部分をなくしたフラット構造を採用。
フロアとの段差を極力抑えることによって、台車による荷物の運搬や車椅子の出入りもスムーズになりました。また、ドア全体の制振性を高めて振動伝播を最小限にセーブ。さらにドア本体底部に二重パッキンを施し、召し合わせ部分の気密性を向上させるなど、高い遮音性も獲得しています。(35/40 SNT,SMT,SBTを除く)

 

使いやすさに加え、より高度な遮音性を獲得した片開きタイプと、間口1700mmの広い有効開口を持つ両開きタイプ、必要に応じて開閉可能な子扉を持つ親子タイプの3タイプからお選びいただけます。

 

 

木製防音ドア

木製防音ドアの特徴 (ヤマハサイトより抜粋)

伝統ある高級ヤマハドアの技術と高レベルの防音技術から生まれた「木製防音ドア」。
業界初の"ヤマハ振動カットシステム"の採用により、遮音性能はDr-35を実現。本格的な音楽レッスンにも最適です。さらに、軽量・薄型、低価格を実現し、お部屋の雰囲気や用途に合わせてお選びいただけるラインナップを取り揃えています。

 

天然木調仕上げでインテリア性にも優れた「化粧あり」タイプと、優れた遮音性能はそのままに、表面仕上げを省くことで、お客様側で任意のドア表面仕上げ(シート貼り)をして頂きやすくした「化粧なし」タイプからお選びいただけます。

 

 

スライド防音ドア(スチール製)

スライド防音ドア(スチール製)の特徴 (ヤマハサイトより抜粋)

"音のヤマハ"のオリジナル防音技術により、スライドタイプにおいても開き戸と同レベルの優れた遮音性能を実現しました。

高い気密性と安全性を持ち、下枠フラット構造によって、使いやすさにも配慮しています。

音楽教室・ホール・スタジオなどに最適なスチール製は、T-3タイプとT-4タイプの2種類。T4タイプではドア本体の四方全てに二重パッキンを2列に施し、遮音性能Dr-40というハイレベルな防音効果を実現しています。

 

 

 

アビテックス防音ドアシリーズは、商品のみの販売はしておりません。
弊社の材工工事となります。詳しくは下記にお問い合せ下さい。

ペット用防音室に関するお問合せ先

 

音場コントロール
アビテックス防音ドア

 

テクニカル・サウンドでは、ヤマハ調音パネルの取扱いを行っております。

 

調音パネル

薄さ3cmのパネルが、小空間の音の響きを快適にコントロール。(ヤマハサイトより抜粋)

 

室内の音(響き)を調える、ヤマハ音場コントロール技術「調音パネル」。
ヤマハ独自のパネル構造、わずか厚み3cmのパネルが、音響障害のないクリアで心地よい音響空間を実現します。

 

現代建築による音楽練習室、会議室、オーディオルームなどの小空間は、壁や床、天井の硬い材質や、気密性の高さが原因となり、音の響きすぎ、フラッターエコー、ブーミングといった音響障害を抱えるケースが増加しています。
「ヤマハ調音パネル」は、壁面に設置するだけで、このような音響障害を改善します。一台で吸音効果と拡散効果を兼ね備え、しかもパネルの厚みはわずか3cm。空間の音響特性を最適化し、良質で快い響きを実現します。

 

 

 

 

ヤマハ調音パネルは、商品のみの販売はしておりません。
弊社の材工工事となります。詳しくは下記にお問い合せ下さい。

ペット用防音室に関するお問合せ先